ブランド品・貴金属・ジュエリーの買取・リユースブティック査定経験の無い方も、お気軽に足を運べるお店です。

金歯

金歯 金歯2

金歯は銀歯に比べるととても高いですが、その分腐食もなく、つけた個所の歯との隙間ができにくくなっています。その結果銀歯よりもとれにくくなっているので、詰め物が取れた時のあの感覚を味わう確率も減らせるのです。また天然の歯に近い硬さなので、これによって向かい合わせの歯を痛めることがありません。デメリットとしては前述した高額さと、あとは銀歯に比べて金歯が目立ってしまうということです。現在の日本では詰め物を行う時に銀歯やセラミックを使うことが多いようです。

さきほど金歯のデメリットとして目立ってしまうことを挙げましたがそれは人によりけりかもしれません。歯が抜けてしまった箇所にまるまる金歯を使ってゴージャスに装うのもありでしょう。

ちなみに金歯に使われるは、基本的に純金は使われず、14金、18金、20金などの合金が使われます。



Copy right (C) 2016 WonderPrice. All rights reserved.